忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


そうそう、ミッション:インポッシブルゴーストプロトコルに出てきた車、もしやGoogleの車?!と思いましたが、ガッツリ違う車でした^^;(笑)。BMWから発売冴えているi8というスポーツカーだそうです。スポーツカータイプの性能でありながら、小型車並の燃費のモデルだそうですよ^^。観た目は本当、未来を思わせるデザインなのです。日本の道路ではまだBMWのi8が走っているところを目にしたことはないなぁ・・・。見逃しているだけかしら?。お値段はおいくら万円かしら?^^。あれ?、そりゃあ日本で見かけるはずがないわけだよ、2014年中に発売ですって(笑)。
気になる価格は、2,000万円超は間違いないと言われています。まだ分からないのね。予想価格として2,000万円超。買う人もちろんいるよね♪?!。変えないとか言わないで、誰か買って日本の道路を走ってください!←自分は買えないので^^;(笑)。日本で見れる日が来るといいな^^。

ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
PR

Mi


先日、TSUTAYAで、ミッションインポッシブル/ゴースト・プロトコルをれんたるしました 。ひっさびさにハラハラドキドキさせられるおもしろい作品を観ることが出来ました^^。いやぁ、おもしろかった。気になったのは、ITを駆使していたこと。コンタクトレンズを装着すると、観たものを記憶したり、コピーして文書化したりできるとか、車のフロントがランスにデータが表示されるとか!!!。しかし、このコンタクトレンズって、Googleグラスのコンタクトレンズ版・・・?。コンタクトレンズを装着して相手を観ると、その相手の詳細情報が端末に送られるのですから・・・。しかも、米国防総省がこのコンタクトレンズを実際に開発しているとか・・・。
2012年2月の時点での情報なので、2013年7月の今、その開発はどこまで進んだのでしょうかね。映画の中の話やモノが現実になる、することが出来るアメリカの技術や行動力はすごいです。日本も規制ばかりかけていないで開発しろってんだ。

余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
日本語URL効果が長く続かない理由。コンテンツが中長期的SEO効果齎す
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
1サイトでPCもスマホも対応のレスポンシブルWeb技術ならSEOも安全か?
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている

4割


時事通信のニュース・・・。なかなか衝撃的でしたが、本当だろうか・・・。「4割生活苦しい=ゆとりある1割弱ー厚労省」というタイトルの記事。調査対象は20代以上の男女、約2万1,000人、約1万1,000世帯。3割やや苦しい、大変苦しいとの答えも一割。ややゆとりがある、大変ゆとりがあるも合せて約1割。約半数が普通という回答だったとのこと。4割が生活苦しいというのは放っておいてはいけませんね。なぜかというと、苦しいと答えた人の割合で最も多いのが40代の無職男性。71..9%。次は30代無職男性66.9%。苦しいと答えた割合が低かったのは80歳以上の無職男性と女性。この年代の方々は、若いころに払うものをちゃんと払ってきたからではないでしょうかね。
もらえるものをもらっているというだけです。40代、30代の男性の無職率がハンパないですね・・・。なんとかしなくては問題ですよ。自民党には早く解決していただかないと。

SEO対策 料金
SEO対策 ブログ
SEO対策 見積り
SEO対策 見積り
SEM対策代行
会社 SEO対策
SEOコンサルティング サービス
SEOコンサルティング
SEO対策 コンサルティング
SEO料金
SEM会社
SEM
SEO対策 実績
Bing SEO対策
被リンク